わたしたちは忘れない 福島 避難区域の教師たち

¥ 2,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料について

    2部まで205円、3部以上無料。
    5部以上の場合は定価の8掛けで販売します。

    全国一律 205円

私たちも被災者だ

学校、職場、家族がばらばらにされた教師たちの記録

2011年3月11日の震災後、爆発を起こした福島第一原子力発電所周辺の
小・中学校は、休校となった。被災した職員は、自分の家族と共に避難
せざるを得なかった。それでも彼らは、ちりぢりばらばらとなった児童、
生徒の実態把握など、できることから教育活動を再開した。

福島県教育委員会は、5月に早々と2012年度の新規採用をしないことを発表。
当面、学校では現行の教員数で混乱した教育現場の建て直しをせざるを
えなくなった。
さらに原発の影響で休校中の学校の教職員には「兼務発令」を出し、
現任校に在籍しながら児童・生徒が転校した先で勤務するという体制を
とらされた。
この結果、ちりぢりになった自分の生徒たちへの関わりは思うようにでき
なくなり、避難先から兼務校への遠距離通勤を強いられる教職員も続出した。

震災後、被災地の学校現場に真に求められていたことは、一体何だったの
だろうか?

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=QI98mEyH9c8

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する